中国骨董の倪元璐のプロフィール

中国骨董の真実を見極めます。

中国骨董なら秋華洞におまかせください

倪元璐(げいげんろ) [中国諸作家]


倪元璐 『行書五言律詩軸』
上海博物館蔵

倪元璐(げいげんろ)プロフィール
明・万暦21(1593)~明・崇禎17(1644)

明代末期の官僚、書家。字は玉汝、号は鴻宝など。浙江省上虞の人。忠義に厚く、博学で詩文を能くし、山水画は王蒙や倪瓚に学んだ。交友関係の中には共に科挙を通過した黄道周もいた。官は国子祭酒から戸部尚書に至る。北京城が李自成に落とされて明王朝が滅ぶと、皇帝に殉じて自害した。彼の筆力の強い行草書は、剛直な人柄と脱俗の韻致と評価されており、人々もこぞって彼の書を宝としたといわれるが、現存作品数は少ない。

Copyright(c) 2011 | 中国骨董の秋華洞 | All Right Reserved.