中国骨董の常書鴻のプロフィール

中国骨董の真実を見極めます。

中国骨董なら秋華洞におまかせください

常書鴻(じょうしょこう) [中国諸作家]


常書鴻『作品名』

常書鴻 (ChangShuhong)プロフィール
光緒30(1904)~中華人民共和国・1994

近代中国の洋画家。浙江省杭州の人。浙江省立甲種工業学校染織科に入学、卒業後は同校の教員となる。のちフランスに留学してリヨン国立美術学校を卒業する。卒業後はパリに移り、パリ高等美術学校で洋画を学びながらサロン展で金賞や銀賞をたびたび獲得。1936年に帰国した後は北平芸術専科学校造型芸術部主任となる。さらに1942年に国立敦煌芸術研究所準備委員会副主任の職に就いたのを契機に、戦争を挟んで敦煌石窟の保存と壁画模写に一生を捧げた。日本にも展覧会等が催されて度々訪日しており、1988年には法隆寺に襖絵≪シルクロードの飛天≫を贈っている。

Copyright(c) 2011 | 中国骨董の秋華洞 | All Right Reserved.