中国骨董の高其佩のプロフィール

中国骨董の真実を見極めます。

中国骨董なら秋華洞におまかせください

高其佩(こうきはい) [中国諸作家]


高其佩 『騎驢覓句』

高其佩 (こうきはい・Gao Qi-Pei)プロフィール
清・康煕11(1672)~清・雍正12(1734)

清清代初期の書画家。字は韋之、号は且園・南村・長白山人等。遼寧省の人。軍人の出身で刑部侍郎に至る。幼い頃から画事に親しみ、官吏になったことで数々の古画を直接目にする機会を得る。当初は筆を用いた細緻な画を描いたが、後年はもっぱら指先や爪で描く「指頭画」を庶民的な画題で描くようになり、後者でその名を広く知らしめた。彼が確立した指頭画の様式は後に日本の南画家にも影響を与え、池大雅の《五百羅漢図》(宇治萬福寺蔵) などにその姿を伺うことが出来る。

Copyright(c) 2011 | 中国骨董の秋華洞 | All Right Reserved.