中国骨董の王冕のプロフィール

中国骨董の真実を見極めます。

中国骨董なら秋華洞におまかせください

王冕(おうべん) [中国諸作家]


王冕 『作品名』

王冕 (おうべん・Wang Mien)プロフィール
元・至大3(1310)~元・至正19(1359)

元代末期の書画家。字は元章。号は煮石山農・会稽外史・梅花屋主など。浙江省諸曁の人。科挙試験を受けたが合格せず、のちに官職を諦めて全国を放浪し、絵を売りながら暮らしたと伝えられている。元末を代表する画家で、殊に花鳥画の発展に大きく貢献した。梅の花を画題として好み、満開の梅を華麗に表現したその画風は、中国国内は勿論のこと日本の南画家にも大きな影響を与えた。詩人としても活躍し、時の政治に対する不満を詠むなどしている。晩年は会稽の九里山の麓に「梅花庵」という庵を結び、隠棲生活を送った。

Copyright(c) 2011 | 中国骨董の秋華洞 | All Right Reserved.