中国骨董の鄧石如のプロフィール

中国骨董の真実を見極めます。

中国骨董なら秋華洞におまかせください

董寿平(とうじゅへい) [中国諸作家]


鄧石如(とうせきじょ)(部分)

董寿平 プロフィール
清・光緒30(1904)~中華人民共和国・1997

清朝中期の書家。初名は琰。後に皇帝の名を避けて石如を名とした。号は完白山人など。安徽省懐寧の人。生涯官に仕えず、書や篆刻を売って生計を立てた。多くの金石類を手本として学書に励み、特に篆書に於いては、表現の可能性を広げ、後世の手本となる優れた作品を残した。篆刻に於いても、自ら学び得た篆書や、金石資料の書風を応用することで新境地を開いた。「四体帖」などが現存する。

Copyright(c) 2011 | 中国骨董の秋華洞 | All Right Reserved.